【SEO対策】Google検索を使ったキーワードの選定方法

SEO

SEO対策として、「Google検索」を使って「キーワード選定」をしています。手作業では大変です。作業補助のためDIYで「Google検索窓」を設置しました。検索オプションを補完して別窓でGoogle検索を実行します。

キーワードの選定のための「Google検索窓」

テスト用にGoogle検索窓を設置しました。

「allintitle:検索」「intitle:検索」して、関連キーワードの有効性を確認します。自動化ツールはGoogleさんに迷惑がかかるので、あくまで手作業の補助として利用します。

こつこつキーワード選定

2語から3語(4語)のキーワードをスペースで区切ってボックスに入力
  1. 2語から3語(4語)の関連キーワードをスペースで区切ってボックスに入力します。
  2. 「すべてのキーワードを含む」「いずれかのキーワードを含む」のボタンを、それぞれ押します。
  3. 検索対象の範囲を「ページタイトル」として、該当するキーワードの記事数が検索されます。

キーワードは、以下のようにして有効性を判定します。

具体的な判定手順

ここでは例えば「Google検索」「キーワード選定」をキーワードとして選択するとします。

候補キーワードの有効性を以下の手順で判定します。

「いずれかのキーワードを含む」ボタンを押したときの検索件数(検索ボリューム)を確認します。

「すべてのキーワードを含む」ボタンを押したときの検索件数(検索ボリューム)を確認します。

判定方法

複合キーワード(2語~4語)の検索結果が・・

  1. 「すべてのキーワードを含む」の検索結果件数が10以下
  2. 「いずれかのキーワードを含む」の検索結果件数が(1.)の20倍以上

というのが、タイトル作成の重要ポイントだそうです。

この場合「473,000÷9=52,555.55倍」ですが・・??
試行錯誤中でして、真偽はわかりません。

「seo」「対策」「キーワード」「選定」では
「すべてのキーワードを含む」検索件数は、約 716 件でした。

Googleキーワードプランナーで確認

キーワード月間平均
検索ボリューム
キーワード 選定 google 検索0~10
seo 対策 キーワード 選定10~100
seo キーワード 選定100~1000
google 検索1万~10万
キーワード 選定100~1000

このタイトル「【SEO対策】Google検索を使ったキーワードの選定方法」の場合、期待するキーワードは「seo」「対策」「キーワード」「選定」あたりが適切か?ということで妥協しました。

月間平均検索ボリュームのターゲットは「10~100」くらいがいいところです。

注意事項

Googleで、コマンド検索していると、以下のような「ロボット確認」が出ることがあります。チェックして検索作業を遂行してください。大丈夫です。

記事公開のフロー

  1. キーワード選定
  2. 「検索需要のあるキーワード」を探してから
  3. 「ライバルの少ないキーワード」を抽出する
  4. キーワードからタイトルを作成
  5. 記事を作成⇒公開

記事公開後の「SEO対策」

「SEO対策として大切」なのは、ここからです。記事を公開して終わりではありません。記事を公開すると、記事のURLが決まります。これを、Googleインデックスに登録します。

  • 登録する前に!「記事のURLにアルファベットのスラッグ」を設定します。

https: ⁄⁄lufa-tawasi.com⁄【SEO対策】Google検索を使ったキーワードの選定方法⁄
↑はURLエンコードされ、人にも機械にも辛いです。
↓記事のパーマリンクをアルファベットに最適化しました。
https: ⁄⁄lufa-tawasi.com⁄seo-keyword⁄

  1. ⇒スラッグで最適化されたURLが決まります。
  2. この公開URLをGoogleさんにインデックスしていただくようリクエストします。
  3. その後(時間をおいて)Googleインデックスの実際を確認しましょう。

Google:インデックス登録のリクエスト方法

記事を作成し公開したらサーチコンソールを使って、Googleさんにインデックスのコールをしておきます。

  1. Search Console のナビゲーション パネルから [URL 検査] を選択します。
  2. 窓にページのURLを入力します。
  3. URL の検査結果ページで [インデックス登録をリクエスト] をクリックします。
  • 【SEO対策】の目的は、Googleインデックスの最適化のこと!
  • Googleでインデックスされない事には、何も始まりません!

URL の再クロールを Google にリクエストする方法

クロール リクエストの方法

  1. URL 検査ツールを使用する(URL が少ない場合)
  2. サイトマップを送信する(一度に扱う URL が多い場合)

再クロールのリクエスト方法につきましては、Google公式ドキュメントに記載があります。

数分後にはインデックス登録が完了

そうこうしていると、URLがGoogleさんにインデックスされています。「allintitle:検索」「intitle:検索」で、実際にタイトルを確認してみましょう。

「allintitle:検索」で一件、登録されています。

「intitle:検索」は、4890件です。記事公開の数分後が、出発点で最下位です。道は険しく、長いです。気長に過ごしましょう。

インデックス掲載順位の調査

記事作成時の時点で「allintitle:キーワード選定 Google検索」でGoogle検索したときの検索件数は8件でした。

翌朝、同内容で検索しました。検索件数9件として、一件増えてます。この記事が追加されています。

以上、Googleインデックスの確認まで・・・

SEO対策を意識した「記事作成の手順」でした。


WordPressから出力されたソースの確認も大切です!

上記で、この記事のURL調査します。指定したURLのHTMLソースから「title」「description」要素がどのように出力されているか解析します。

検索フォームのソース

この記事で使った「こつこつキーワード選定」の検索フォームのソースを紹介しています。自分のホームページにGoogle検索窓を設置するときなど、ご参照ください。

コメント